「宇宙軍士官学校-前哨-」 12巻 鷹見一幸

入荷していたので12巻借りてみた。

第一部完結巻になります。

”地球は救えたのか?”という点に関しては読む人の楽しみを奪わないようにコメントしません。

作者の過去作である”でたまか”と違い、主人公の安息があるかはかなり疑問だが、特攻精神が前面に出過ぎたから(個人的には)こちらがよかった。
(無理矢理なお涙展開を今回はかなりの部分で封印してる)

続編はでるんだろうが、プロットもまだらしいので、外伝を数冊出してその後になりそうなので数年後か?

楽しみに待つとしますよ。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する