「ヘヴィーオブジェクト 一番小さな戦争」 シリーズ12巻 鎌池和馬

シリーズ12巻目借りてみた。

やっと読み終わったというのが本音。

速度を重視しているんだろうが、読みにくかった。

クウェンサーの性格が今までの巻と違うのも違和感あった。

銃は使わないが、目的のために手段を問わずガンガン敵兵を殺していくというのはどうなんだろうね?

この作者のヒロインは1名的な法則からお姫様の絡みはほとんどなし。

この巻から他の話を読んだら主人公の性格に物凄い違和感を感じると思うのは私だけではないと思う。

とにかく読みにくかったので10日返却の本がまだまだ残ってる。

頑張って返却までに読まないと・・・・・・・・。


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する