「織田信奈の野望 全国版」 16巻 春日みかげ

16巻目借りられました。

最終章?関ヶ原編です。

何故武将の一部が女性なのに歴史が何故同じように展開していくのか?といった”謎”もあかされてきてます。

内容についてはネタバレ要素が多いので書きませんが、オチがBADがTRUEで終わるようにしか思えないんだが。

上杉謙信と武田信玄の過去の話は外伝の天と地と姫とで史実アレンジで書かれているんだが、悲劇話ばっかりなので1巻の途中から読んでない。
(史実部分は知ってるから驚きもないんだよねぇ)

これは延長した返却期限が今日なので、次に余裕ができてからかな。

移動図書館で借りるようにして返却期限が1月に伸びたが、予約で7冊も借りることになる。

1冊は天と地と姫との2巻なので実質6冊だが体調不良もありなかなか読む気力が湧かないので全て読むのは厳しそうだ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する