ここ一ヶ月ほど(11月中旬~12月上旬)で買ったり借りたコミック。

とりあえず、忘れないように読めたのから感想を書いたものです。



購入した本。


「ジャジャ」 21巻 えのあきら

時間が取れないので来月に感想を書きます。



「クッキングパパ」 139巻 うえやまとち

ひさびさに元課長の息子が登場。

周辺人物話が結構まとまって来てるが全体的に半端感がけっこうありましたね。



「恋愛ラボ」 12巻 宮原るり

時間が取れないので来月に感想を書きます。



「リコーダーとランドセル」 11巻 東屋めめ

時間が取れないので来月に感想を書きます。





この下はコミックレンタルで読んだ作品です。



「とんかつDJアゲ太郎」 1~8巻 原案:イーピャオ 漫画:小山ゆうじろう

ゲオでアニメ版を全話見て、興味を持って借りてみた。
(ちなみにアニメ版は2巻まで)

タイトルから想像できないが、これも定番のジャンプノリ作品でしたよ。

まだまだ先は長そうだが完結?まで続くことを祈るわ。



「リバーズエッジ大川端探偵社」 8巻 原作:ひじかた優峰 漫画:たなか亜希夫

最近連載が復活したのか刊行ペースがはやい。

ノリに関しては相変わらず普通に読めるという評価だね。



「社畜!修羅ユーサク」 1巻 江戸パイン

10冊借りると安くなるというゲオのコミックレンタルで1冊足りないので借りてみた。

博多を墓多とDisってて九州のDisりが酷い。

ギャグを狙ってるのだろうか、正直微妙にずれてて笑えない。

これが笑えるのは真の社畜だけなんじゃないだろうか?



「BECK」 12巻~34巻 ハロルド作石

これもギャオのアニメ視聴から。

12巻途中まではアニメ化されているのでその続きから読んでみた。



「俺物語!!」 13巻(最終巻) 作画:アルコ 原作:河原和音

最終巻です。

終わらせるタイミングとしては高校卒業が一番いいだろうね。

正直、大学での同級生編だとトラブルも泥沼になりそうで面白くなさそうだしねぇ。

少女漫画としては異色の主人公の外観だけにインパクトで読み始めたけどそれなりに楽しめたわ。



「ちはやふる」 33巻 末次由紀

主人公達が3年生の近江神宮での全国大会が終了。

新年のクイーン戦に向けて主人公は動きだす。

完結は高校卒業と思われるがまだまだ先になりそうだなぁ。



「ラジエーションハウス」 2巻 漫画:モリタイシ 原作:横幕智裕

ヒロインが主人公を含めいろいろと忘れている”理由”が明らかになった。

ただ、これで過去を思い出すことはあるんだろうか?



「アオイホノオ」 16巻 島本和彦

遂に連載への道が見えてきた。

その前にカラーが書けないという試練がw

そろそろ親友と言われる漫画家との出会いがありそうだなぁ。



「ましろのおと」 16巻 羅川真里茂

次のステージが見えてきた。

布石はあるがどう展開させてくるんだろう?



「ブラジャイル病理医岸京一郎の所見」 7巻 漫画:恵三郎 原作:草水敏

病院の経費削減と医療の品質確保と医療の切り捨ての問題でどう展開させていくかですね。

まだまだ盛り上がりは先だろうが楽しみですよ。



「ジャイアントキリング」 42巻 漫画:ツジトモ 原案・取材協力:網本将也

東京ダービーのファンイベントから前半の攻防中まで。

恐らくは数巻かけての戦いになるだろう。

のんびりと次巻を待ちますわ。



「かくしごと」 1~2巻 久米田康治

この作者の本を1巻から読むのは初です。

絶望先生があればレンタルで借りるんだが無いんだよ!

独特のノリと内輪ネタはニヤリとしていいですね。

半分?自分の経験からネタを出してるようにも見えるがラストはどうするんだろ?
(布石から既に決めてるっぽいけどね)



「バーデンダー ア トウキョウ」 8巻 原作:城アラキ 漫画:加治佐修

うーん、主人公の個人的な話は相変わらず進まず。

この調子で周辺人物話を進めるんだろうか?



「龍師の翼」 2巻 川原正敏

相変わらず歴史物のIF?は巧い。

ただ、これを教科書として覚えるとテストの点が酷いことになるんで注釈が必要と思ったのは私だけかw



「山賊ダイアリー」 7巻 岡本健太郎

まあ、実話なんでどう考えるかは本人次第。

害獣が色々と民家まで降りてくるのは農業同様にハンターの高齢化も関係しているんだろうか?

都会の人は”可哀想”と思うかもしれないが、田舎の山間部での害獣被害は人命にも関係するのはニュースでわかるでしょう。

有野ばりの無人島サバイバル生活ネタっぽい漫画を書くようだがどうなんでしょうね。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する