「ネトオク男の楽しい異世界貿易」 7巻(最終巻) 星崎崑

7巻入荷したので借りてみた。

Web版では終了タイミングと王国の姫の存在のバランスが悪く違和感が残るまま終了しました。

書籍版では姫は登場しないので、謀略関係は主人公周辺のみで比較的シンプルに終了してますね。

ラストに関しては”開き直り”としか言えない終わり方でしたね。

まあ、きっちりと終わらないのも悪くないのかもしれないw
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する