「ヘヴィーオブジェクト バニラ味の化学式」 シリーズ11巻 鎌池和馬

シリーズ11巻目借りてみた。

久々にヘイヴィアがメインの話。

とは言ってもオブジェクトに突っ込むのがクウェンサーなのは相変わらずだが。

今回読んで思ったのは、性癖や女好きという部分で主役二人が逆転してないか?ということ。

毎回、ヒロイン役に絡まれるから段々と女好きが加速していってる気がする。

作者が妙なテンションで作品でも書いたんだろうか?

まあ、それなりに面白かったけどね。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する