「アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者」 13巻 榊一郎

入荷したので、13巻借りてみました。

主人公が過去のトラウマから他人の恋愛感情に鈍いのはラノベのハーレム要素ラブコメのテンプレといっていい。

今回はそれに気づいた主人公がどうするのかの、新パターンを元祖が作者が考えたといったところか?

書くとネタバレになるので、書きませんけどね。

今回登場した、”あるもの”で、異世界に”ある可能性”が布石としてでてきた。

作者は書き続けたいと前に書いていたが、短編を挟んでラストに進むようにかいていたが、素人系作家が似た作品で秀逸なのを書いていて出版社が出しまくってるから人気も下がってきてるだろう。

ともかく、完結まで出してほしいがどうなるやら。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する