「くまクマ熊ベアー」 7巻 くまなの

ようやく借りられた。

鉱山のゴーレム退治辺りの話がひと段落するまで。

パン屋の奥さんの兄の娘が登場したんだが、Web版にそんなキャラいなかったよね?

料理人キャラはなかなか増やしにくいのでこういう投入方法しかないわな。

内容が結構修正されるので、この作品も書籍一本で読んでいくつもりです。

8巻は年内に出る予定だが、図書館に入るのは来年だろうなぁ。

「魔王さまリトライ!」 1巻 神埼黒音

小説家になろうで連載されている作品です。

最近チェックしている中で面白いと思っている作品の書籍化です。

転移前の話がオリジナルで追加されているくらいで、本編の変更はなさそうかな?

個人的にはイラストがイマイチだとおもうんだけどねぇ。

興味のメインは、個性的な登場人物をどうイラスト化してくれるかだねぇ。

「のうりん」 13巻 白鳥士郎

13巻借りてみました。

時間に多少余裕ができたときに中断していたシリーズを読みだした作品の1つです。
(予約から借りるまでのラグで現在は時間が厳しめなんだが)

林檎が去った田茂農林の話です。

とは言っても日常にそれほどの変化がないんですけどね。
(あえてそういう風に書くので難産だったらしい)

主人公達が東京に行って林檎に再会しようとする次が最終巻。

13巻発売から約1年経過したがまだ14巻は出てないようですね。

仮にネタとオチが決まってたとしても1巻にまとめるのはかなり大変なんじゃないだろうか?

まあ、気長に待つとしますかね。

ここ一ヶ月ほど(9月中旬~10月上旬)で買ったり借りたコミック。

とりあえず、忘れないように読めたのから感想を書いたものです。

時間がとれなくて、本屋に行けてない。

娘が新刊出てるとかいうんだが、なんで立て替えて買ってきてくれないかな!



購入した本。


「恋愛ラボ」 13巻 宮原るり

実はまだ未入手w

本日娘が買ってきてくれるでしょうw




この下はコミックレンタルで読んだ作品です。 



「ロボレーザービーム」 1巻 藤巻忠俊

黒子のバスケの作者の新作。

やる気のなさげな主人公はこの人の定番になるんだろうか?

正直、盛り上がるまでに打ち切られないことを祈るがどうなんだろうねぇ。



「ジャイアントキリング」 44巻 漫画:ツシトモ 原案・取材協力:綱本将也

東京ダービー継続中。

後半戦が開始されたがまだまだ中盤?

次巻でこの話が終わるか微妙なところか?



「この音とまれ!」 15巻 アミュー

主人公達が1年の話はこの巻まで。

全国大会が年度またぎというのは大会的にどうなんだろうとはおもう。

まあ、リアルがそういう風になってるかは調べてないんですが、どうなんでしょう?



「ワンパンマン」 14巻 原作:ONE 漫画:村田雄介

Webで読んでるのですが、追加部分はよくわからんかった。

もうすぐアニメ2期なので、どこまでなのかの方が気になるかな。



「新世紀エヴァンゲリオン ピコピコ中学生日記」 3~4巻 原作:カラー 漫画:河田雄志x行徒

ノリは相変わらずだが、この出版レーベルの発刊ペースって変だよね?

正直、どう終わらせるか全く想像できないんだがw
(打ち切りまでだらだら続くだけか?)



「ニーチェ先生」 7巻 原作:松駒 漫画:ハシモト

新キャラ登場も、なかなか使いきれてない感じ?

この巻のメインは店舗改装中のアルバイトがどうなるかなんだろうが。



「魔法科高校の劣等生」 21巻 佐島勤

21巻借りられました。

本当は前に借りれてたんだが、Wワーク中で読む時間がとれず一度返却したんだよね。

主人公達が3年生になり、世界情勢が大きく動く事件が発生し、その動乱に巻き込まれいく。

というのの序章になります。

まあ、タイトルが「動乱の序章編(上)」なんでまんまなんだがw

最新は23巻まで出てるので、順次借りていく予定。

読む時間が取れないので、大変だわ。


「ヘヴィーオブジェクト 北欧禁猟区シンデレラストーリー」 シリーズ13巻 鎌池和馬

シリーズ13巻目借りてみた。

今回はいつもの二人組じゃなくよく出てくるマリーディが主役の話。

どういう理由で北欧禁猟区ができたかなどが書かれている。

オブジェクトを倒すのは二人組だけに可能な仕事なんで、大型兵器は出てもオブジェクトではない。

この巻で重要なのは、オブジェクトパイロットの多くはこのエリアからのスカウトで勢力をまたぐグループが存在することかな。

姫様もこの地域の出身でこの巻に出てきた人物に保護されたかは今後明かされるんだろうなぁ。

「僕と彼女のゲーム戦争」 10巻(最終巻) 師走トオル

10巻借りてみました。

9巻のあとがきで次が最終巻というの書いてたのすっかり忘れてたわ。

この巻は高校3年生の主人公が、進路の悩みとしてゲーム業界への就職などの話が前面に出てた。

ヒロイン3名との関係が最後にどうなったかは読んでのお楽しみ???

まあ、尺もあるし恋愛は途中でスルーしてる部分が多かったのでこんなもんだろうなぁ。

実在のゲームが出てきて対戦するというのはなかなか斬新だったが、ゲームごとに短編作品としてこれからも書いてほしいとは思うがゲームの陳腐化の早い時代なのでタイトル選定も含め厳しいんだろうなぁ。



「現実主義勇者の王国再建記」 3巻 どぜう丸

3巻借りてみました。

この作品はサクサク読めるのでいいねぇ。

国内反乱の仕置き終了まで。

Web版で読んだのは次巻の途中までか。

ただ、4巻はなかなか借りれそうにないんだけどね。

「ソード・オラトリア」 6巻 大森藤ノ

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」の外伝で、メインヒロイン?が主人公のお話です。

先に7と8巻読んでしまっているので少々違和感はあった。

とは言っても、本編で既読部分からまだ先に話が行ってないのは有難い。

次は9巻だが、本編の未読分(10~12巻)はいつ借りたものやら。

ここ一ヶ月ほど(8月中旬~9月上旬)で買ったり借りたコミック。

とりあえず、忘れないように読めたのから感想を書いたものです。



購入した本。



「ジャジャ」 22巻 えのあきら

ようやくレースの本戦が開始されたが、さすがに1巻では終わらなかったね。

次巻で終わるんかいな?



「リコーダーとランドセル」 12巻 東屋めめ

まあ、いつでもでしたね。

一応、神社に新キャラが居たんだが場所が場所だけに今後の登場頻度はどうなんだろうねぇ。



「骸骨騎士様、異世界へお出かけ中」 1巻 漫画:サワノアキラ 原作:秤猿鬼 キャラクター原案:KeG

Web版で読んでるので特にコメントはないかな。

ノリは嫌いじゃないので頑張って続けて欲しいですね。




この下はコミックレンタルで読んだ作品です。 


「いぶり暮らし」 6巻 大島千春

この巻は主人公がメインだが、同棲している二人が結婚すると終わる気がするなぁ。



「BLUE GIANT SUPREME」 2巻 石塚真一

ドイツ最初の滞在地からの旅立ち、新たなメンバー探しで目途がついたろことで終了。

次巻からすんなりと二人での活動を開始できるんだろうか?



「忘却のサチコ」 10巻 阿部潤

まあ、いつものノリだけでした。

何も進展がなくても普通に楽しめるのはいいね。



「銀魂」 69巻 空知英秋

とりあえず、主人公の街の防衛線は終了か?

あの花屋の過去も何気にでてきたなぁw

最終章だろうけど、完結までどれだけかかるんw



「へうげもの」 24巻 山田芳裕

大阪城陥落。

次巻がどうやら最終巻らしい。

どんなラストで終わるのやわ。



「食戟のソーマ」 25巻 原作:附田佑都 漫画:佐伯俊 協力:森崎友紀

遂に一色先輩の実力が明らかに。

この対決シリーズはあと何巻で終わるんだろう?



「ダイヤのエースAct2」 8巻 寺島裕二

いつも通り主人公進化中。

次巻の8から9回で主人公が故障とかしそうだがどうだろうねぇ。



「ましろのおと」 18巻 羅川真里茂

まだ主人公たちの演奏グループが4人になってないんだが、なんかだらだら引っ張ってるようにしか感じないんだよなぁ。

正直、どういう方向に進めたいのかさっぱりわからんわ。



「トップウGP」 2巻 藤島康介

登場キャラクターは増えたが、まだまだ序章みたいなもんか。

本格的にストーリーが動き出すのは主人公のレースクラスが上がってからだろうなぁ。



「フラジャイル-病理医岸京一郎の所見-」 9巻 原作:草水敏 漫画:恵三郎

ようやく主人公が病理医になった理由とスキルが高い理由が判明した。

これからも少年への告知も含め重い内容が続くんだろうなぁ。