ここ一ヶ月ほど(7月中旬~8月上旬)で買ったり借りたコミック。

とりあえず、忘れないように読めたのから感想を書いたものです。



購入した本。



「レーカン!」 8巻 瀬田ヒナコ

やはり7巻読み飛ばしてるなぁ。

一時期ストーリーが重かったんだが、この巻はライトなノリで面白かったです。



「森田さんは無口」 13巻 佐野妙

相変わらずな日常、このノリがいいならば普通に楽しめると思いますよ。

まあ、どう考えても主人公に恋人はできなそうだが。
(対策として主人公周辺にまともな男もいないんだがw)



「艦これ~吹雪、がんばります!~」 10巻 桃井涼太

金がないというので自分が購入。

ウォースパイトが登場。

あの椅子って変形するんだねw



「孔明のヨメ。」 7巻 杜康潤

徐庶ついに劉備のもとへ。

曹仁vs徐庶は次巻か?

郭嘉以外の軍師がでてないんだが、そろそろ交代しないといけないがどうするんだろう?



この下はコミックレンタルで読んだ作品です。 


「火ノ丸相撲」 15巻 川田

インターハイ準決勝戦終了。

このインターハイが終わったらこの作品は終わるんだろうか?



「頂き!成り上がり飯」 1巻 奥嶋ひろまさ

なんとなく借りてみた。

ヤンキー学校で主人公が胃袋を掴んで成り上がる???

まあ、普通に読めるよ。



「銀河英雄伝説」 6巻 原作:田中芳樹 漫画:藤崎竜

予想外のラップ君だったが、死亡フラグからは逃れられず。

アスターテ会戦の作戦背景にトリューニヒトがいてその派閥の提督達だったという追加設定はアリだろう。

ただ、ヤンが小説より数倍ダメダメなので、そこはヤンファンにとってはどうなんだろうなぁ。



「狭い世界のアイデンティティ」 1巻 押切蓮介

漫画家と出版業界の闇を語る格闘?作品???

正直、コメントしずらいわぁw



「1122(いいふうふ)」 1巻 渡辺ペコ

あるセックスレス夫婦の周辺がその判断でいろいろと変化して壊れていく話なのか?

ありきたりに破綻して終わるのか、ハッピーエンドにいくのかどうなるんだろうねぇ。



「弱虫ペダル」 51巻 渡辺航

総北3年生コンビvs呉工業戦開始。

次巻で決着つくか怪しいなぁ。



「僕のヒーローアカデミア」 14巻 堀越耕平

プロヒーローとしてやっていくための心構え的な話の出だしか?

盛り上がるのは先だろうから様子見だね。



「高機動無職ニーテンベルグ」 3~5巻 青木ハヤト

いやあ、オチとラストは予想外だったわ。

どうやって機体をメンテナンスしてるんだろうねぇw



「ヤキュガミ」 4巻 漫画:次恒一 原作:クロマツテツロウ

最終巻。

これってやっぱ打ち切りなのかな?

ライバル増やしすぎるのも変だし、だらだら続けるならアリだろうなぁ。



「ばらかもん」 15巻 ヨシノサツキ

主人公の思い付きで書道教室を開始するということだったが、まだまだ下準備中。

正直、どう終わるのかさっぱりわからんわ。

まあ、元婚約候補者が今後も絡んできそうにないのは読めたw



「さよなら私のクラマー」 3巻 新川直司

タイトルの意味が相変わらずわからんが、サッカー女子の部活青春漫画ということなんだろうなぁ。



「かくしごと」 4巻 久米田康治

単行本追加のストーリーと本編との差が最終的にどうなるかできになるが、つながるまで作品が続くか心配なのは私だけだろうか?



「本日のバーガー」 5巻 漫画:才谷ウメタロウ 原作:花形怜 

主人公が朴念仁なので、周辺だけの恋話で引っ張る展開が続くようなら先々厳しいかもねぇ。




「あさひなぐ」 23巻 こざき亜衣

うーん、22巻とばしたのかな?

青春方面にどこまで舵をきるか気になる終わり方だなぁ。



「BLACKBOX」 4巻 高橋ツトム

正直、”えー”という感想しかない。

今の試合が1巻で終わらなかったのも驚きだが、この試合の後続くんかね?これ。



「宇宙兄弟」 31巻 小山宙也

弟と兄貴の話が半々。

次巻でシャロン天文台は完成するんだろうか?



「キャンディ&シガレッツ」 1巻 井上智徳

この作者はあいかわらず国家権力とか財界関係の裏社会ネタが好きだねぇ。

東京での原発メルトダウンはリアルに近い部分があったから今回は非現実より。

長く続く話でもなさそうだがどんなラストで終わるのやら。



「ラブホの上野さん」 6巻 漫画:博士 原案:上野

作中で語られる”理論”をどう考えるかだよねぇ。

個人的な感想としては家電を売る時のオススメ裏表と同じと思ったわw



「ダイヤのエース Act2」 1~7巻 寺島裕二

第一期はアニメで見てるので2期借りてみた。

読んでないから比較できんが、かなりスピーディになってそうな気がする。

アニメ化するにももっと原作が進まないと厳しそうだよなぁ。



「アオイホノオ」 17巻 島本和彦

やっと借りれた。

いやあ、いつものノリだが面白かったわ。

こういう初期に多かったようなやり取りが一番面白いと思うのは私だけか?



「ボールルームへようこそ」 9巻 竹内友

なんか8巻から急に場面が飛んでる気がする。

このパートナーで突き進むことになるのか次巻でわかるんだろうが、まだまだ先だなぁ。



「からかい上手の高木さん」 1~5巻 山本崇一朗

一言、小学生レベルの恋愛話だよなぁ、これ。

正直面白いと思えんかった。

皆さんはどうでした?



「インベスターZ」 18巻 三田則房

金(ゴールド)と節約に関する話。

とくにコメントはないなぁ。



「蒼き鋼のアルペジオ」 14巻 アークパフォーマンス

新章開始。

主人公が出ない(箱に封印されてる?)ので、これからがある意味で本番なのかもしれない。

パラレルワールド的な描写もあったが、気のせいなのかなぁ。



「猫のお寺の知恩さん」 4巻 オジロマコト

知恩さん関係の爆弾?の進展は少しか?

出てくると暗くなりそうなので、もうしばらくは引っ張りそうかなぁ。

「ストライク・ザ・ブラッド」 17巻 三雲岳斗

17巻入荷したので借りてみた。

プレイしているゲームが1本以外メンテナンスで遊べないという笑えない状況だったので読破しました。

予想通りアニメ化されたストーリーに戦闘要素が追加されたものでしたね。

未来情報として矢瀬はハゲて太るらしいのでファン?ショックなんじゃないだろうかw

この巻は主人公がある技を使えるようになったのが最大のポイントなんだろうなぁ。

次巻からが本編開始といったところになるんだろうか?

「六畳間の侵略者!?」 26巻 建速

リクエストしていたのが入荷しました。

長かったフォルトーゼ編完結です。

これで過去編からの一連の流れも清算完了かな?

次巻は地球に帰っての不在中の後始末らしい。

ただ、コウタローとしての母親関係のトラウマはまだ克服されてなさそうなので、それを克服して本編は終了という流れになるのかな?
(女神関係の布石はそのままなのだがこれは長くなりそうなので深くはなさそう)

その後は、誰と付き合ったかというIFシリーズとかで続くらしいが。

とりあえずは、本編完結まで走り抜けて欲しいですね。

「月が導く異世界道中」 11巻 あずみ圭

小説家になろうで連載されていた作品で現在はアルファポリスに移籍してます。

ようやく魔王領へ。

特にWeb版と比べての変化もわかりにくいので書くことはないなぁ。

Web版の更新もかなり遅いので順調に発刊されたら今年中にかなり追いつきそうなきがするわ。

「骸骨騎士様、異世界へお出掛け中」 5巻 秤猿鬼

”小説家になろう”で発表された作品の書籍化になります。

5巻借りました。

自分の記憶違いでなければ、ゴエモンは同行しないし、疾駆騎竜も1頭のはず。

先のことも考えてそう修正したということかな?

他に変更点はわからんかったなぁ。

「現実主義勇者の王国再建記」 1巻 どぜう丸

小説家になろうで連載されている作品で以前はお気に入りで紹介した気もする。

まあ、Web休載中にWin10のアップデートでエッジのお気に入りが消えるという不具合でよまなくなってたんだがw

現在は3巻まで書籍化されてるのかな?

1巻読んだ感じではWeb版との大きな違いは感じられなかった。

とりあえずは書籍版で読み直すとしよう。

「ソード・オラトリア」 8巻 大森藤ノ

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」の外伝で、メインヒロイン?が主人公のお話です。

いま、感想の下書き確認したら6から書けてないのか?

まあ、基本が1巻完結だし、あとで確認しておこう。

8巻はベートが主役の話。

あの言動の理由がようやく明かされます。

もっとも作者はこのキャラについて書く予定はなく急遽作ったらしいんだがw

かなり定番な過去だけど悪くはないんじゃないだろうか?

9巻が出てるので予約したが、6巻と7巻を読んでるかチェックしないとなぁ・・・・・・・。

「サモナーさんが行く」 4巻 ロッド

小説家になろうで気にいって読んでいた作品の1つです。

最後はアベンジャーが登場するところまで。

イラストは主人公とオメガ以外はすべて女性キャラ。

需要は不明だが、マッチョマン系のイラストがあってもいいとおもうw

作者が情報をださないんで、新刊の予定があるのとかわからないのがホント困るわ。

ここ一ヶ月ほど(6月中旬~7月上旬)で買ったり借りたコミック。

とりあえず、忘れないように読めたのから感想を書いたものです。



購入した本。


「MIX」 11巻 あだち充

あだち漫画だからなぁ、と納得するしかない巻でしたね。

とりあえず、2年生になるので新たな部員獲得というイベントが暫く続くんだろうか?



「レーカン!」 8巻 瀬田ヒナコ

自分は前ほど面白さを感じてないんだが、娘が読みたいというので購入。

まだ7巻読めてないので、感想は後日でお願いします。


「森田さんは無口」 13巻 佐野妙

これも買う気はなかったんだが娘が気に入っている作品なので購入。

12巻は読んでるんだが、時間がとれなかったので感想は来月でお願いします。




この下はコミックレンタルで読んだ作品です。 



「あさひなぐ」 15~21巻 こざき亜衣

新人の巻き起こしたトラブル関係がひと段落するまで。

深く考えずに読んだが、定番の展開ではあった。

しかし、主人公達のインターハイが終わるのはリアル時間で何年後なんだろうw



「はねナド!」 10巻 濱田浩輔

インターハイ開始。

最大のライバルとの対決まではもう少しかかりそうかな?



「インベスターZ」 17巻 三田則房

また過去に飛ぶ話がメインだった。

何にでもある後継者問題についての話は興味深かった。

結局はルールを決めて伝統になるまで守らせるしかないというのは厳しい現実だよねぇ。



「お酒は夫婦になってから」 6巻 クリスタルな洋介

ストーリーも何もないマンガなので特にコメントは無いなぁ。

偉大なるマンネリズムになるまでこの展開を続けて欲しいものだ。



「僕らはみんな河合荘」 9巻 宮原るり

ようやくヒロインがデレモードに突入w

正直、どこまでそうならないかの作品と思ったので、終了は近いのかな?



「掟上今日子の備忘録」 5巻 原作:西尾維新 漫画:浅見よう

原作小説はまだまだ続くのに完結とは何かと思ったら、第一部完なのねw

ただ、漫画にしてしまうとこの作者の作品は1冊に入ってしまうのは笑うしかないなぁ。



「ニーチェ先生」 6巻 原作:松駒 漫画:ハシモト

コンビニ業界の暗部を語る作品w

個人的には「丸腰で接客されるんですか?」に受けたわ。

現実、コンビニ強盗とか田舎でも数件は発生してるので他人ごとじゃないんだよなぁ。



「人形の国APOSIMZ」 1巻 弐瓶勉

何とも言えねぇ。

シドニアの騎士と似た登場人物だらけなのは、未来の話なのか単に書き分けの問題なのか。

先を読まないとなぁ。



「食戟のソーマ」 24巻 原作:附田佑都 漫画:佐伯俊 協力:森崎友紀

次の対決はグループバトルということでその修行?回。

主人公の親父達の過去話がどんどんと出てくるが、主人公の母親の話はいつ出てくるんだろうねぇ。



「サモナーさんが行く」 3巻 ロッド

小説家になろうで気にいって読んでいた作品の1つです。

完結して作者が新刊の情報を出さないので、4巻の入荷で出てたのを知りましたよ。

この巻は1回目の闘技大会から最初のエリアポータル開放まで。

流石に”恥ずかし固め”のイラストはなかったですねw

護鬼、リディアはいいがシェルヴィのイラストがあるとは思わんかった。

そして与作等の野郎組のイラストは無しw

4巻も借りてるので読まないとなぁ……。